ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくても、
ふるさと納税の寄付金控除が受けられる仕組みです。


利用できる条件としては、
・1年間で寄付した自治体が5か所以下。
・寄付した自治体にすべてワンストップ特例の申請書を提出した。
・ふるさと納税以外で確定申告する事柄がない。


この条件を満たしていれば、確定申告は不要です。
医療費控除の申告があったり、仮想通貨で雑所得が20万円以上あったりすれば
確定申告が必要になってきます。